New video! 九十九島を再現した水景制作の動画を公開しました

キューブガーデンを買おうか迷っている人の背中を押すためのレビュー

キューブガーデンを買おうか迷っている人の背中を押すためのレビュー

水草水槽を立ち上げるためにはまず水槽を選ばなければなりません。現在ではさまざまなメーカーからフレームレスのガラス水槽が販売されており、本当にどれも申し分ない品質です。しかしネイチャーアクアリウムをこれから始める、あるいは水槽を増やしたい方の中にはADAのキューブガーデンに憧れる! という方も多くいらっしゃると思います。今回は「キューブガーデンが欲しいけど、結局どうなの?」と思っている方の背中を押すためにキューブガーデンの魅力をたっぷりと語りたいと思います。そのためかなりADA贔屓に感じられると思いますが、僕自身キューブガーデン以外にも優れた水槽はたくさんあると思っていますし、今後は他のメーカーのレビューもしていきたいと思います。今回の記事ではまだ迷っている方に「キューブガーデンという選択は間違っていないよ!」ということを伝えられれば幸いです。

1. 見た目

キューブガーデン90P

キューブガーデンの透明度は間違いなく業界トップクラスです。熟練の職人によって作られており、国内だけでなく世界中のアクアリストに選ばれています。安価なガラス水槽だとガラスが緑がかって見えることがありますが、キューブガーデンではそのようなことはありません。おそらくアクアリウムに詳しくない人が見てもその透明度の高さを実感できると思います。水槽の中身と見る人間を隔てるガラスですから、クリアであればあるほど本来の生体の美しさを体感できるでしょう。

またガラスとガラスを接合するためのシリコンは量が最小限に抑えられており、ほぼ視界に入りません。少量のシリコンで最大限の耐久性を実現する技術の高さが感じられますね。

2. 耐久性

キューブガーデンのガラスの強度は他のガラス水槽と大差ないと思います。そもそもフレームレスのガラス水槽は耐久性が低く、取り扱いを誤れば簡単に割れてしまいます。しかしキューブガーデンのシリコンは格が違うといっても過言ではありません。先程述べたように他の水槽に比べて量が少なく目立たないように作られています。にもかかわらずキューブガーデンの耐久性は非常に高く、水を入れた状態で10年以上維持することも可能です(メーカーが推奨している環境での使用が前提です)。

3. ラインナップ

キューブガーデンは20cmキューブの小型水槽から大型水槽までサイズのバリエーションが豊富です。あなたにぴったりのサイズがきっとあるでしょう。

サイズ(cm) ガラスの厚み (mm)容積 (L)税抜価格
W20×D20×H2057¥5,000
W30×D30×H30525¥6,500
W30×D18×H24512¥5,500
W36×D22×H26519¥6,000
W45×D27×H30534¥8,300
W60×D30×H36660¥11,000
W60×D30×H45675¥20,000
W90×D45×H4510166¥43,000
W120xD50xH5012273¥70,000
W150×D60×H6015490¥280,000
W180×D60×H6015590¥360,000

*ラインナップは予告なく変更される場合があります。最新の情報はADA公式サイトを参照してください。

https://www.adana.co.jp/jp/contents/products/na_tank/detail01.htm

4. まとめ

キューブガーデンは業界最高品質の水槽といっても過言ではないと思います。僕が初めてキューブガーデンを買ったのは中学2年生の頃でしたが、それまで使っていたガラス水槽とは比べものにならないほどの透明度に感動を覚えました。それ以降キューブガーデンを愛用していますが、なんと中2の頃に買った水槽は大学生になった今でも現役です。水槽は一度選んだら変更することはできないので、たくさん悩んで納得のいくものを購入することをお勧めします。今回の記事はキューブガーデンの魅力を伝えることが目的でしたが、今後は他メーカーの水槽もご紹介したいと思います!最後まで読んでいただきありがとうございました。

アクアリウム用品をメルカリで揃えることはできるのか検証!