New video! 九十九島を再現した水景制作の動画を公開しました

DOOA ミストフローを使ってみて 

DOOA ミストフローを使ってみて 

ADAが展開するDOOAは水草や陸上植物の新しい楽しみ方を提案する姉妹ブランドです。今回はDOOAが販売する超音波霧発生装置、ミストフローをご紹介します。ミストフローはシステムテラ30に対応する霧発生装置ですが、通常の水槽に設置することもできます。主に陸上の植物の保湿と密林の演出などの効果があります。まず開封〜設置の様子を下の動画でご覧ください。

1. セッティング

https://www.adana.co.jp/wp-content/uploads/sites/3/2018/10/DOOA_MISTFLOW_S_WEB-1.pdf

設置自体はとても簡単です。水位センサーが水面より1cm程度下になるように沈め、電源を入れるだけで霧が出ます。部品の名称が多く複雑に見えますが、組み立てる必要はなく、箱に入っているものをそのまますぐに使えます。水位が重要になりますが、多少変動しても霧が止まることはなく、基本的に本体が水に沈んでいれば出続けます。ですが深すぎると霧が発生しないので注意が必要です。今回はDOOAネオグラステラH36に設置してみました。幅60cmのアクアテラリウム専用水槽で、侘び草ウォール60を設置しています。侘び草ウォール60のレビューはこちら!

小型で見た目もシンプルなので初めての方にもおすすめできる商品だと思います。

2. 良かった点

本製品は水上の水草に水分を与えるのに大変便利です。水草の水上葉にとって湿度は非常に重要なので、常に霧が漂っている状態にすることで健康に育ちます。また稀に高湿度の環境下で水中葉が出てきてしまうことがありますが、ミストフローの霧は細かいのでそのようなことはありません。むしろ手動の霧吹きと併用してちょうどいいくらいなので、完全に湿度管理を任せるのは難しいと思います。

ミストフローは視覚的な演出効果もあります。とても幻想的になるので、水槽をみた人の興味を惹くこと間違いなしです!

3. 改善点

ここまでミストフローの長所を書いてきましたが、この商品にはひとつ重大な問題がありました。それは霧の勢いが強すぎて、今回のような浅い水槽に設置すると水槽の外に水がこぼれ、周りが濡れてしまうという点です。この問題を解決するために、比較的最近発売されたミストフローキャップを購入しました。これにより真上への噴射が防げるようになり、柔らかい霧が横に広がるようになりました。

https://dooa.jp/en/products/2019/11/mistflow-cap/?size=

システムテラ30や水草ミストウォール以外の水槽でミストフローを使う場合はほぼ必ずと言っていいほど必要になると思いますので、一緒に購入することをおすすめします。

まとめ

霧が漂う幻想的なアクアテラリウムは見ていてとても癒されます。水草の保湿にもなるので大変おすすめできる商品です。ぜひ水槽に取り入れてその良さを実感してください!

この記事を英語で読む