New video! 九十九島を再現した水景制作の動画を公開しました

DOOA ネオグラス テラ H36 侘び草ウォール60 長期レビュー!

DOOA ネオグラス テラ H36 侘び草ウォール60 長期レビュー!

ネオグラステラと侘び草ウォールはDOOA製品発売時からの目玉製品です。外部フィルターを使って水が流れる仕組みの侘び草ウォール60を、水槽に設置することで手軽にアクアテラリウムを楽しむことができます。侘び草に最適な仕様になっていて、初心者の方でも簡単に立ち上げることができるのが嬉しいポイントですね。また同時期に発売された侘び草マットを使えば超手軽に苔の壁ができます。立ち上げが手軽で、水が流れる仕組みを備えているため自由に植物を楽しむというDOOAのコンセプトにマッチしていますね。そんなネオグラステラと侘び草ウォールを僕は2019年の3月から使用しています。今日は長期間使用した上でレビューをしようと思います。また、侘び草ウォールは現在後継機種の水草ウォール、水草ミストウォールが販売されていて90cm以上の大型水槽にも対応しました!

こちらもどうぞ

1. 基本情報(DOOA公式サイトより)

水草ウォール60 (旧侘び草ウォール)

※対応フィルター:スーパージェットフィルターES-150 Ver.2(流量:3.5L/min、最大揚程1.5m)
※対応水槽:DOOA ネオグラス テラ(H36)、ネオグラス テラ(H23)、ADA NATURE AQUARIUM キューブガーデンW60×D30×H18(cm)、W60×D30×H36(cm)、W60×D30×H45(cm)
※ガラス厚6mmまで対応

価格:¥18,000

ネオグラス テラ(H36)

水槽サイズ(cm):W60×D30×H16/36

価格:¥23,000

上記のスペックから分かる通り、侘び草ウォール自体はただの壁のため外部フィルターがなければ使うことができません。水槽下部にスペースがない、という方は設置が難しいという欠点があります。実際に使っている途中で置き場所を変更したのですが、やはり設置場所は外部フィルターが置ける場所に限定されました。ですが、外部フィルターはキャビネット内に収納する必要はなく、台後ろや横などホースがとどいて水槽よりも低い位置であればどこでも問題ないと思います。

2. 設置

侘び草マット ピーコックモス

設置に関してはADAのプレゼンテーション通りでした。特に難しい点はなく、侘び草と侘び草マットをはめていくだけのシンプルな工程で、流木や石はウォールに立て掛けることで常に濡れた状態になるので、隙間などに観葉植物を差し込んで作り込んでいきました。作業はシンプルとはいえ、どこに何を植えるか考えるのは楽しく、じっくり時間をかけて作りました。また、石や流木を立て掛ける部分には侘び草マットを使う必要はありません。レイアウト素材を多く使う場合は全てのブロックを埋める必要はないでしょう。

3. 長期レビュー

購入当初一番の心配は本当にADAの言うように植物が育つのかという点でした。当時はレビューが少なく、ADAの公式YouTubeやアクアジャーナルが主な情報源だったため、第三者の視点で見た製品の評価を知ることはできませんでした。

そして実際に使ってみた感想ですが、確かに水草の水上葉や、陸上植物はよく育ちます。しかし、製品の性能以上に環境を整えることが重要だと感じました。1年以上維持して、照明、温度など外的要因で植物の成長に変化が出るのを確認しました。具体的には照明をアクアスカイG 601にした場合はウォールの下段に十分な光が届きません。侘び草有茎草MIXなどは高さがある分ウォールから飛び出る形になり光が当たるのですが、侘び草マットは枯れてしまいました。解決策として下段にはあまり植物を植えず、流木や石でレイアウトしてみました。また、より強力な照明に変えることでも解決できました。誰でも簡単に育てられると謳っていますが、やはり完全な初心者よりも、経験のある人の方が植物の特性を理解している分成功すると思います。その点、完全水中の水草水槽は初心者でも適切な器具を使えば水草の生命力でなんとか成功することが多いので、アクアテラリウムの方が難易度が高いといえます。

また価格についてですが、フィルターがついていないにもかかわらず侘び草ウォールが18,000円するのはやはり開発費が大きいのでしょうか。ただ、全てADAで揃えることが前提ならば、フィルターはES-600ではなくES-150、照明はアクアスカイG 602ではなく601で良いため、通常の60cm水槽一式よりは費用を抑えることができます。アクアテラリウムを自作している人はたくさんいるので、自分で水の流れや滝を作ることができるのであれば作ってしまったほうが圧倒的に安いです。よって侘び草ウォールは初めてアクアテラリウムを作る人やなるべく手間をかけたくない人に向いていると思います。

総合的に侘び草ウォールとネオグラステラは欠点もありますが、工夫すれば長期維持も十分可能で、とても良い製品だと思います。お部屋にあるだけで自然の空気を感じられることは間違いないでしょう!